最後のバッター

s_20120716_sodekyu_IMG_0428.jpg

残酷なシーンで申し訳ありません。

夏の高校野球です。

ゲームセットの瞬間です。

最後のバッターが一塁でアウトになりました。

なんとかセーフになろうと、
頭から滑り込みました。

しかし、
ボールのほうが早く一塁手のグラブに入りました。

これで、
スリーアウト、ゲームセットです。

アウトになった走者は暫く起き上がれませんでした。

やっとの思いで起き上がろうとする、
そのとき撮ったのが上の写真です。

顔は写っていませんが、
多分泣いていたのでしょう。

痛々しいその背中から、
それをうかがい知ることが出来ます。

私は仕事がらこのようなシーンを何度も見てきました。

しかし、
何度見ても「慣れる」ことはありませんでした。

毎回胸が締め付けられるのです。

高校野球は負けたら「終わり」です。

次はないのです。

その重圧を最後のバッターは、
全部をしょって打席に立つのです。

そして負けたときには、
全部自分のせいと感じてしまうのです。

その気持ちが分かるだけに、
こっちまでも泣けてくるのです。















この記事へのコメント