特集・季節をとらえる

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「季節をとらえる」を特集しました。





1.秋深まる

031207d100_0168_icho.jpg

最近めっきり涼しくなりました。
というか寒いぐらいです。
あの「夏日」、「猛暑日」はどこに行ったのでしょう。

球児達にとっては長いオフシーズンです。
対外試合もできません。
ひたすら練習と、体力作りの毎日です。
単調な練習が続きます。

周りの風景をみてください。
(多分、そんな余裕はないでしょうが)
木々や草花も耐えています。
来る春を楽しみに・・。


2.紅葉

031123d1_0016_shigaku_1201.jpg

すみません。
練習試合の写真ですが後ろの紅葉のほうに目がいきました。

でも、自然の風景と高校野球はよくあいます。
特に練習試合はピッタリです。

本人達は真剣なんでしょうが、
大自然のなかでは、何故かのどかに見えます。

「早く大きくなれよ」、「立派になれよ」

自然の風景から激励の声が聞こえてくるようです。


3.気がつけば秋

131116_40d_fall_0822.jpg

いつの間にか夏が通り過ぎてしまいました。
あの照りつけるような日差しはどこにいったのでしょうか。

”優しい日差し”

球児達に、しばしの休息を与えているようです。
(休息なんてないのでしょうが・・)


4.深まる秋

img_0634.jpg

めっきり秋らしくなりました。
ふと見ると、土手にススキがさいていました。
ススキは逆光に限ります。
きれいですね。
おっと、肝心な練習風景を忘れていました。


5.千葉に雪が降る、しかも積もる

s_060121d1x_0450_koryo.jpg


千葉に雪が降りました。
しかも、積もったのです。

その貴重な写真をどうぞ。
2006年1月21日、於.拓大紅陵グラウンド
ホント、千葉では珍しい雪です。
ですので、選手たちは大喜び。

ごめんなさい。
北国では雪かきなどで大変な目にあっているのに。


6.女子マネ2人、雪に戯れる

s_d1x_0227.jpg

忘れもしない、2006年1月22日。
この日は千葉には珍しい大雪でした。
10cm以上は積もったでしょうか。
こうなると喜ぶのは生徒たちです。
(私も喜んだ”くち”ですが)

写真は、
雪の中でたわむれているマネージャーさんたちです。


7.長野にも、もうじき春が

s_050320d2h_0339_naganoko_0320.jpg

長野工業高校です。
長野市にあります。
北アルプスをのぞむ景色の良いところです。

その北アルプスも、少しだけ雪の量が減ってきました。
グラウンドも乾いています。

春の訪れです。

この日を待っていたのは、草木だけではありません。

球児たちも同じです。

体も軽くなりました。
なにより気持ちがわくわくしてきました。

グラウンド整備する手に力が入ります。
会話が進みます。

春はやっぱりいいですね。


8.桜咲き春到来

s_040404d1x_0003_koryo_0404.jpg

春到来です。
ここ拓大紅陵の桜も満開です。

桜と高校球児よく似合います。

もうじきすると、新入生が入ってきます。
そうすると、グラウンドはますます賑やかになります。
活気が出てきます。

さあみんな。
楽しく、元気よく野球をやろう。

しかし、怪我をしないように気をつけるんだよ。
春の出だしでつまずくと大変だよ。

春の県大会や夏の大会と、
公式戦が詰まっています。

チームに迷惑をかけるし、
だいいち本人が一番面白くないからね。


9.緑に囲まれて

s_040418d1x_0126_aoba.jpg

君津青葉高校に来ました。
ここは、
その名のとおり「青葉」に囲まれた学校です。

中でも春から初夏にかけて緑が輝きます。

片一方が山です。
もう片一方が田んぼです。

山と田園風景。

その間をローカル線が走っています。

それだけで「絵」になります。

そんな環境で野球ができるのですから、
普段よりリラックスできます。

のびのびと野球ができます。

選手たちの表情をみてください。
嬉しそうですよね。

ギスギス、ガツガツしていません。

野球を楽しんでいます。

こんな環境で毎日野球ができることに感謝しなければね。


10.最後の夏はベンチで過ごす

s_20050717_syuuyachiyo_sodekyu_d2h_0102.jpg

こういう不幸な選手もいます。

最後の夏だというのにグラウンドでプレーできません。
ベンチの中で過ごさなければならないのです。

写真の秀明大八千代横山くんもその一人です。(2005年7月)

その選手に試合前に聞きました。

大会開始の2週間前にケガをしたようです。

そのギブスの状態からみて右腕の骨折のようです。

しかし、笑顔で話してくれたので安心しましたが、
内心はきっとさびしかったのでしょう。

しかし試合ではベンチからひときわ大きな声で応援していました。

その甲斐あって、秀明大八千代は勝つことが出来ました。

横山くんも大きな声で校歌を斉唱していました。
(下の写真、右奥から5人目)

s_20050717_syuuyachiyo_sodekyu_d2h_0204.jpg

こんな不運は、横山くんに限った話ではありません。

ケガや病気でベストで出られない選手は毎年各学校に1名はいます。

かわいそうですがこれも考えようです。

ベンチに入れるだけで「良し」としましょう。

なかにはベンチにも入れない選手もいます。

応援スタンドから応援するよりは、
まだ「まし」だと考えるべきです。

ものは考えようです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

















この記事へのコメント