特集・拓大紅陵の早朝練習

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「拓大紅陵の早朝練習」を特集しました。







1.真冬の早朝練習

091128_40d_0280_koryo.jpg

高校野球に限らず、シーズンオフをどう過ごすかが勝負。
写真は真冬の早朝練習。
練習といっても、ボールやバットは使いません。
ひたすら基礎体力を付けるだけです。
真冬の早朝ですので、気温は氷点下。
それでも全身汗だく。

監督さん曰く。
「冬の特訓で守備範囲が30%ほど広がった」

効果は体力だけではありません。
「これだけやったんだ」
自分への強い自信になったのは当然のこと。
「誰にも負けない」
強靱な精神力がなによりのご褒美です。


2.早朝練習その2

021130d1_0049_asaren_1105.jpg


この日は「朝焼け」がきれいでした。
その朝焼けをバックに選手たちを撮らせていただきました。
「朝焼け」がきれいな朝は空気も極端に冷え込みます。
凍える冷気の中で、彼らは黙々と練習メニューをこなします。
徐々に吐く息が白くなります。
額にはすでに汗が滲んでいます。
普通の人はまだ寝込んでいるころでしょうか。
なのに何故彼らだけがこんな朝から練習するの?
そうなんです。
彼らは「普通」には満足できないのです。


3.早朝練習その3

031217d100_0075_asaren_1217.jpg

夜明け前です。
それも冬の極寒のなかです。
この早朝練習は毎年の恒例になっています。
1年生から3年生までの全員参加です。
写真では分かりませんが、バックにはリズミカルな音楽が流れています。
その音楽に合わせて行進します。
この曲がないと力が出ないのだと思います。
まして、これを一人でやるとなると、それも長続きしないでしょう。
(みんなでやるから力が出るのでしょう)
写真はスクワット姿勢による前進です。
距離は50mはあるでしょう。
これを最低でも5セットは行います。
この早朝練習を毎年見ていると気づくものがあります。
年々選手達が成長しています。
1年生のころは途中でリタイヤする選手達が続出。
ところが、上級学年になればなるほど、すべてのメニューで余裕が出てきます。
しかも行進の足並みがぴったりと合ってきます。
それは見事なものです。


4.早朝練習その4

061223d200_0835_koryo.jpg

早朝練習、最後のメニューです。
疲労もピークに達しています。
というか、体力の限界はとっくに過ぎています。
頼りは気持ち、精神力・・。
そんなのどうでもいい。
早く終わって欲しい。
見ているほうも辛い。
(本当に疲れる早朝練習の取材です)


5.早朝練習その5

031123d100_0028_koryo_1123.jpg

この練習メニューは何でしょうか。
金属板の上を足を横に滑らせながら往復します。
足腰や上体の側筋を鍛えるのでしょうか。
簡単そうですが、見た目以上にハードのようです。
体力やスタミナだけでなく、リズム感も必要なようです。


6.早朝練習その6

031116d100_0208_koryo_1116.jpg

今朝はあいにくの雨です。
グランドが使えないので屋内練習となりました。
おかげで運動範囲が狭くなり、楽かと思っていましたが、
それは甘かった。
1パスの距離が短い分、回数が倍でした。
しかも、熱気と湿度で蒸し風呂のようです。
窓を開けて換気をしても追いつきません。
やっぱり野球は外に限ります。


7.早朝練習その7

031122d1_0067_asaren_1125.jpg

もう限界か。
いえ、少し休んだだけで練習に復帰。
この繰り返しで、徐々に体力がついてきます。
3年生になるころには、余裕でどんなメニューでもこなします。
これが若さなんですね。


8.早朝練習その8

040111d100_0084_koryo_0111.jpg

随分と足が上がるものですね。
この関節の柔らかさも野球には大事なことです。
高校生活は短い。
怪我をしないためにも、体は柔らかくしておきましょう。


9.早朝練習その9

040107d1_0008_koryo_0108.jpg

姿勢は「腕立て伏せ」ですが、
この姿勢を長い時間保ちます。
徐々に腕が、足が震えてきます。
「時間が止まっているのでは」
終了の笛がなるのが遅く感じます。


10.早朝練習その10

040110d100_0073_asaren_0121.jpg

「もうちょっとだ」

やっと、東の空が明るくなってきた。
しかし、これからが長いのです。
みんなよく分かっているよね。


11.早朝練習その11

061203d200_0431_koryo.jpg

やっと東の空が明るくなりました。
辛い早朝練習も残りあとわずかです。
最後のメニューです。
その最後のメニューがきついのです。
意識もうろうのなか、とにかく前に進むしかありません。
あと一歩、あと一歩・・・
夜明けは近い。


12.早朝練習その12

061203d200_0477_koryo.jpg

「おっ朝陽が差してきた」

「これで最後だぞーっ」

「がんばろうぜ」

体力の限界はとうに過ぎている。
あとは仲間の励ましだけだ。
やるしかない。


13.早朝練習その13

131123_1d3_koryo_0193.jpg

今日は屋内での早朝練習でした。
といっても、その過酷さは屋外と変わりません。
写真は「ケツ割り」による足腰の鍛錬です。
既に限界を超えています。
でもコーチがそばで見ているので止めるわけにはいきません。
声にもならない「悲鳴」が聞こえてきます。
こちらも、つい歯を食いしばってしまいます。
地獄絵です。壮絶です。


14.早朝練習その14

041103d1_0069_koryo.jpg

真冬の早朝練習です。
凍えそうな空気です。
カメラを持つ手がしびれます。
指に息を吹きかけて、何とか神経を取り戻します。
がんばっている選手達に負けるわけにはいきません。
でも、やっぱり厳しい。


15.渾身のシャッター

070113d100_0132_koryo.jpg

真冬の早朝練習を撮影しました。

使ったレンズは標準レンズです。

監督さんに許可をもらい、
グラウンドまで降ろさせていただきました。

早朝ですので、照明があっても辺りは暗く、
通常のレンズでは撮影困難です。

ここは最高の明るさを誇る標準レンズの出番です。

もちろん、絞りは全開(開放)です。

近くまで寄れますので、
選手たちの息づかいまで聞こえてきます。

ファインダー越しの選手たちは、苦しさにじっと耐えています。
こちらまで息苦しくなります。

選手たちにまけずに、
こっちも渾身の力をこめてシャッターを押します。


16.「ホット」に、「ほっ」と

061223d200_0932_koryo.jpg

061223d200_0893_koryo.jpg

しゃれではありませんが、
朝練のあとのホットコーヒーでほっと一息。

心も体も癒やされる瞬間です。

これから寮に戻って朝ご飯でしょうか?

そのあとも練習が待っています。

今日もまた長い1日になりそうです。


17.何も出来ずにごめんな

061217d200_0070_koryo.jpg

”苦しさ”の極です。

ファインダー越しだとその苦しさだけしか見えず、
こちらまで顔をしかめてしまいます。
シャッターを押す指に力が入ります。

「ごめんな」

オレ、写真撮るしかできないもんな。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
















この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。