守備の限界に挑む

s_130928_40d_shigakukan_0379.jpg

志学館にお邪魔しました。

秋の日がたっぷりの
気持ちのよい天気でした。

それでも、
まだ残暑が厳しいようで、
選手たちには気の毒な陽気です。

この秋の陽射しのなかで、
守備練習が行われていました。

いつもは内野を中心に撮影するのですが、
今回は珍しく外野にフォーカスしました。

しかし、
守備の基本は内野も外野も同じです。

①ボールはなるべく体の中心で捕る。
②そのためには少しでも早くボールのところに行く。
③捕れそうにないボールでもあきらめない。

さて、
写真は③に該当します。

つまり、
捕れそうでないボールへの動作です。

基本はあきらめずに捕りに行くことですが、
内野の場合は後ろに外野がいるので、
「ダメ元」が通じます。
(捕れなくても外野がバックアップしてくれる)

しかし、
外野の場合は基本的には後ろはいません。
(他の外野手が回り込んでカバーしてくれれば別ですが)

よって、
ボールが捕れなかったときのダメージが大きいのです。

そのダメージを考えると「冒険」は出来ません。

ここが内野と外野の違いです。

しかし、
練習は違います。

練習は自分の能力をためし、
そして伸ばすところです。

ですので、
ここは思いきって捕りにいきましょう。

そうです。

上の写真のように。















この記事へのコメント