太陽の光、バット、ヘルメット

s_070922_1D3_0335_togane.jpg

秋の千葉大会にお邪魔しました。

秋季大会ですので9月に開催されます。

この頃になると、太陽も少しずつ低くなります。

夏場と違って、
太陽の光が真上からではなく、
斜め横から差します。

この光が、
カメラマンにとって最高なのです。

もちろん、
逆光になってコントラストが強くなります。

しかし、
その分、立体的な写真になります。

という能書きはこれぐらいにして、
上の写真を見ていただきたい。

バッターがボールを打った瞬間を捉えました。

写真をよくみてください。

バットの付近で白い噴煙が飛んでいます。

これはボールに着いていた石灰が
はじき飛ばされたところです。

その石灰が太陽の光によって反射しています。

もうひとつ見て欲しいのは、
バッターのヘルメットです。

ここにも太陽の光が反射しています。

この2ヶ所の太陽の反射が、
この写真に「味わい」をもたらせています。

美しいシルエットです。

これもバッターが力一杯バットを振ってくれたおかげです。

実力のある選手のプレーは写真にしても美しい!

きれいです。













この記事へのコメント