たかが送りバント、でもこのプレーは違っていた

s_20050715_sodekyu_d2h_0204.jpg

送りバントです。
野球の試合ではよくあるシーンです。

自分が犠牲(アウト)になって、
走者を進塁させる役目です。

だから、
走者を進塁させれば自分の役割は終わりです。

それで仕事は大成功なのです。

と、そこまでは普通の「送りバント」ですが。

しかし、この「送りバント」は違っていました。

普通の送りバントは、
自分の役割が終わったとわかれば、
普通は一塁へはゆっくり走ります。

プロ野球でもよく見かける光景です。

しかし、この打者は違っていました。

一塁まで全力疾走なのです。

しかも、最後はヘッドスライディング。

s_20050715_sodekyu_d2h_0212.jpg

これには驚きました。

こんな選手、見たことがありません。

でも、これが本当なのでしょう。

結果が出るまで、全力でプレーする。

だって、
守備側にエラーが出るかも知れないじゃないですか。

全力疾走で、そのエラーを誘発することだってあります。

だから、いつも一生懸命なのです。

いやー、気持ちの良いプレーを見せてもらいました。

送りバントくんの全力疾走に乾杯だ。

気持ちの良いプレーを見せてもらった。

















この記事へのコメント