しびれるサヨナラ試合(拓大紅陵)

s_20050708_koryo_akitsu_d2h_0304.jpg

またしてもサヨナラ試合の紹介です。
この試合も、最後はこうなることを予感していました。

負けたチームには悪いのですが、
サヨナラは一瞬のうちに勝負が決まり、
打ち上げ花火のような爽快感があります。

野球の醍醐味ですね。

それではその試合を再現しましょう。

2005年7月8日、習志野秋津球場
日大習志野 vs 拓大紅陵

9回の表を終わって、4対4の同点。
試合の流れとしては、
前半は日大習志野ペースであった。

後半から徐々に拓大紅陵が追い上げて同点まで追いついた。

この流れからすると、
拓大紅陵有利の展開であった。

9回の裏、まず1番の小坂部(こさかべ)くんが出塁した。

s_20050708_koryo_akitsu_d2h_0278.jpg

その小坂部(こさかべ)くんは、
送りバントで二塁へ進塁した。

ここから両チームが動いた。

次の3番・大前(おおまえ)くんは敬遠となった。

それを目の前で見ていた4番の佐藤くんが燃えた。
佐藤くんは4番打者であり主将でもある。

「大前よりオレのほうが打ち取りやすいのか」
「ふざけるな!」

s_20050708_koryo_akitsu_d2h_0294.jpg

怒った佐藤くんは、レフト線へ鋭い打球を放った。

二塁から小坂部(こさかべ)くんが悠々生還した。

サヨナラ勝ちだ。

s_20050708_koryo_akitsu_d2h_0300.jpg

劇的な幕切れだ。

う~ん、この試合は興奮したな。
あのシーンを今でも鮮明に覚えています。

あの日はとにかく暑かった。

西陽をまともに浴びるとヤケドをしそうであった。

あの猛暑のなかでの死闘だ。

意地と意地のぶつかり合いだ。

こうなると、最後は精神力だ。
気合いだ。

この試合ほど、それを感じたことはない。

見事な試合であった。

両校ともお疲れさん。














この記事へのコメント