サヨナラ勝利

s_20050710_kiko_kimiko_sodekyu_d2h_0281.jpg

それは9回の裏に起きた。

3対3の同点で迎えた最終回。

君津高校がサヨナラ勝ちしたのである。

その場面を再現しよう。

二死満塁で迎えた打者は水野くん

その水野くんは、
フルカウントの末、
思い切って振ったボールが三遊間を抜けた。

s_20050710_kiko_kimiko_sodekyu_d2h_0273.jpg

三塁から鬼海(きかい)くんが帰りゲームセットとなった。

君津ベンチは大喜びだ。(冒頭の写真)

大応援団も興奮しまくり。

s_20050710_kiko_kimiko_sodekyu_d2h_0278.jpg

やっぱり、同点の場合は、後攻めが有利だ。

こういう、サヨナラが出来るからだ。

このサヨナラを意識するだけで、
相手ピッチャーはプレッシャーになる。

しかし、
有利/不利だけで勝負が決まるほど野球は甘くはない。

当たり前だが、
最後は実力だということを付け加えておこう。















この記事へのコメント