同点から逆転へ

s_20080724_syonan_marine_IMG_0347.jpg

印象に残る試合を紹介しよう。

2008年7月26日、千葉マリンスタジアム

夏の千葉大会、準決勝である。

試合は、沼南敬愛学園

試合の流れは敬愛学園有利であった。

8回を終わって、
3対2と敬愛学園がリードしていた。

1点を追う沼南は最後の攻撃を迎えた。

しかし、ドラマはここから始まった。

9回の表、一死。

田頭くんが放った打球は左中間を破った。

田頭くんは懸命に走った。

その勢いはとまらず、二塁を蹴り、三塁へ。

彼は最初から三塁を狙っていたのだ。

最後はヘッドスライディング。
(上の写真)

田頭くんの、
このガッツポーズ(下の写真)で、
沼南の勢いに火がついた。

s_20080724_syonan_marine_IMG_0352.jpg

このあと、三塁打とシングルヒットが出て2点を入れた。

同点においつき、一気に逆転だ。

この勢いがそのまま続き、
9回裏を0点に抑えて勝利した。

湘南高校といえば公立高校だ。
公立高校が私学を破るのは気持ちがよい。

湘南は決勝で千葉経済附属(私学)と戦い、
わずか1点差で涙をのんだ。

甲子園にあと一歩届かなかった。

しかし、
その見事な試合振りは私の記憶に永遠に残っている。

よくやった湘南!!














この記事へのコメント