君津商業・永嶌くんのこと

s_20050719_kimisyo_rinkai_d2h_0261.jpg

2005年7月19日、君津商は4回戦で敗退した。
(上の写真)

市川高校と対戦し、1対2の惜敗だった。

しかし、
4回戦まで進んだだけでも立派であった。

全員野球の成果であった。

なかでも、エースの永嶌くんが頑張った。
(下の写真)

s_20050719_kimisyo_rinkai_d2h_0103.jpg

永嶌くんのことは、よく知っている。

何度か練習に行かせてもらった。

取材をし、話もさせてもらった。

当時、拙作HPでこの試合を紹介したところ、
多くの応援メッセージが届いた。

その一部を紹介しよう。

*** ここから

君商野球部の皆さん本当にお疲れ様でした。
私の記憶が正しければ、
4回戦進出は実に15年ぶりだと思います。
どうぞ胸を張ってください。
怪我を克服し、
最後まで投げ続けられた事は、本当に素晴らしい事だと思います。
どれだけ苦しみ、我慢をし、歯を食いしばって来た事でしょうか。
私も21年間の野球人生の中で、肘、膝の手術をし、
野球を続けて来た者として、永嶌くんの気持ちが良く分かります。
「生涯現役」
この言葉は、昨年野球を引退した時に、
このホームページの河原さんから戴いた言葉です。
今も、その言葉を胸に日々頑張っています。
永嶌くんを初め、
君商3年生の皆さんもこの言葉を生涯持ち続けてください。
そして、
高校3年間の野球が、
いつかきっと皆に何かを与えてくれる筈です。
今までお世話になった方々へ感謝し、
最後まで夢を与え続けてくれた“甲子園”に
“ありがとう”を忘れないでください。

- 君商OB・小林様 -

*** ここまで

試合の後、
永嶌くんは人知れず涙を流して(下の写真)、
堂々と球場を去っていった。


s_20050719_kimisyo_rinkai_d100_0036.jpg


完全燃焼だったであろう。

そうあることを願っている。

そうでないと本人がかわいそうである。

うかばれないじゃないか。

おつかれさん、永嶌くん


















この記事へのコメント