監督の指導を受ける、その瞬間が人を惹きつける

s_20020901_kimiko_l51_kantoku.jpg

君津高校の練習にお邪魔しました。
そこには熱血監督の塙(はなわ)監督がいました。

そこには、
熱い視線と念入りな指導がありました。

監督が必死なら、選手も必死です。

二人の差し向かいを見ていると、
「真剣勝負」を思い出します。

まさに「必死」の勝負です。

指導するほうは、
自分の知っているものをすべて教え込もうとする。

聞くほうは、監督のすべてを学び取ろうとする。

そこには、
信頼という言葉に裏付けされた師弟関係があります。

マンツーマン指導を受けている選手の目を見てください。

真剣です。
真面目です。
素直です。
貪欲です。
謙虚です。

私の高校野球を愛する理由がそこにあります。













この記事へのコメント