キャプテンがさびしそう

s_20020713_ikuta_sodekyu_l52_bench.jpg

少しセンチな話題を。
志学館生田(いくた)主将です。

大会の約1ヶ月前にケガをしました。

右の肘(ひじ)です。

ギブスが取れたのは大会直前。

もちろん、試合には出られません。

本来なら内野の要(かなめ)のショートで、
名実ともにチームを引っ張っていました。

ところが、
大事な試合なのにベンチなのです。

私も、ふとそのことが気になり、
カメラを向けました。(上の写真)

写真の一番手前が生田くんです。

一人だけ長袖のシャツを着ています。

多分、傷跡を気遣っていたのでしょう。

表情がさえません。

さびしそうです。

当然です。
ひとり蚊帳の外だからだ。

しかも、大事な夏の大会だ。

「こんな、はずじゃなかった」

と、嘆いてもしかたがあるまい。

これも試練だ。

運命だ。

世の中には、もっとつらいことがある。

それを我慢している人もいる。

それを考えるいい機会だ。

神様は、それを君に与えたのだ。

そうでも考えないと、
やってられないだろう。

腐るな。

恨むな。

これが現実なんだ。

なお、
生田主将の記事は下記にも掲載しています。

底抜けに明るいキャプテン、しかし不運が(志学館・生田くん)
















この記事へのコメント