重圧に耐えた

s_20020714_sodekyu_s00_ichihara_oota.jpg

1点差を何とかしのいだ。

我慢のマウンドであった。

一時は、リードが4点もあったのだが、
気がついて見れば1点差である。

じわじわと追い上げられた。

しかも、
5回以降、味方打線は沈黙のままだ。

いやな展開だ。

あとはオレが守るしかない。

この1点差を守るだけだ。

そういって、
投げ抜いたのが冒頭の写真だ。

喜びもひとしおだ。

エースでキャプテン。

その重圧は、他人では計り知れない。

よく投げ抜いた。

この大一番で、よく投げ抜いた。

よくやった。

これもみんなのおかげだ。

応援のおかげだ。

ありがとう。














この記事へのコメント