逆転サヨナラ

s_20140714_mobarasyouyou_img_0877.jpg

高校野球で逆転サヨナラほど、
劇的で涙を誘うシーンはない。

その一つを紹介しよう。

◇時期:2014年7月14日
◇場所:袖ヶ浦球場(千葉県)
◇試合:学館船橋 vs 茂原樟陽(もばらしょうよう)
◇スコア:4 対 6 
延長12回、茂原樟陽(もばらしょうよう)の逆転サヨナラ勝利。

この試合は接戦だった。

9回を終わって、4対4の同点だ。

そのまま延長戦に突入した。

先に動いたのは、学館船橋だった。

12回の表、2点を追加した。

この時点で、
6対4で、学館船橋の2点リードだった。

普通だったら、
このまま試合終了となるところだった。

しかし、
ドラマはここから始まった。

12回の裏、
茂原樟陽(もばらしょうよう)は1点を返して、
6対5と、1点差に追いついた。

しかも、まだチャンスが続く。
走者二、三塁だ。

ここで長打が出た。

一気に走者2人が帰り、
長い死闘に決着がついた。

勝ったチームは嬉しかろう。

負けたチームは悔しかろう。

いえ、
負けたチームは、
今でも負けた実感がないだろう。

夢のような試合だった。

でも夢ではない。

現実だ。

これが、現実なのだ。















この記事へのコメント