泣いたって・・

s_20060709_boyo_sodekyu_d2h_0420.jpg

かろうじてつかんだ勝利だ。

7回裏まで2点差に負けていた東海大市原望洋

このままずるずるいってもおかしくない試合の流れであった。

そのイヤなムードを変えたのがキャプテンの一振りであった。

8回裏、
一死満塁からキャプテンの放った打球は右中間を真っ二つ。

走者一掃の二塁打だ。

この回、一気に3点を入れ逆転した。

まさに「起死回生」のビッグ イニングである。

生き返った東海大市原望洋は、
次の9回を無失点に抑えた。

見事な逆転勝利である。

そこで冒頭の写真だ。

冒頭の写真は、
勝った東海大市原望洋が、
応援スタンドに向かって勝利のお礼をしているシーンです。

そこで泣いているのが監督とキャプテンです。

よほど嬉しかったのでしょう。

ここで監督の名前を出しておこう。

キャプテンの名前も知っていますが、
これは伏せておきます。

いや、言ってもいいか。

鯨井(くじらい)くんです。

鯨井(くじらい)兄弟の弟のほうです。

監督さんの名前は相川監督です。

へー、鬼のように見えて涙を流すんだ。

というのは冗談。

根は優しい監督です。

だから、あの場面で涙を流したのです。

監督らしいです。

気持ちがストレートに出たのでしょう。

普通は、
みんなの前であんなに泣きませんよ。

しかも大勢の応援スタンドに向かってですよ。

相川監督さんだから泣くのです。

ああいう監督さん好きだな。

絶対に好き!。

大、大好き!!

いい監督さんだ。













この記事へのコメント