紙一重

s_20080726_syonan_marine_IMG_0343.jpg

夏の千葉大会の決勝です。

応援スタンドは満員。

勝てば甲子園。

緊張と興奮が最高となり、
心臓の鼓動が大きく響いてきます。

0対2で迎えた8回表。

沼南のチャンスがやってきました。

スクイズで1点を返して、なおも1死満塁。

一打逆転です。

しかし、次の打者がショートゴロとなる。

ボールは、6-4-3とわたりゲッツーに。

あっというまに、
逆転のチャンスが消えてしまった。

ショートゴロにたおれた打者は、
1塁ベースにうずくまったまま。

コーチャーが起こそうとしてもうずくまったままだ。

ピッチャープレートにはまっ白なボールが、
次のイニングの開始を待っている。

そのボールが冷たく映る。

ここは、
守り抜いた相手チームを褒めるべきか。

ちなみに、
この回の攻防が決定的となり、
そのまま試合は終わった。

逆転できなかった沼南は、
甲子園の切符を手にすることができなかった。

勝負は紙一重。

実力も紙一重。

そんな紙一重のために、
彼らは闘い続ける。














この記事へのコメント