汗、涙

s_20100721_ichifunai_sodekyu_img_0468.jpg

夏の高校野球は過酷です。

暑さと緊張のなかでの闘いだからです。

負ければ終わりの崖っぷちのなかで、
相手は対戦相手だけではありません。

猛暑というとてつもない強敵も相手にしなければなりません。

この日は、市立船橋の2点リードで始まりました。

しかし、途中でひっくり返されてしまいました。

2点のあとの追加点がなかったのです。

完璧に相手投手に封じ込められました。

「悔いは残りません」

そんなの嘘です。

今は悔いばっかりです。

確かに暑かった。

しかし、暑いのはみんな同じ。

暑さのせいにはできない。

自分たちの力が足りなかった。

それを考えると「悔い」しか残らない。

あんなに練習しても、足りないものがあった。

37℃という猛暑の夏。

その夏が、汗と涙をおいていった。

とてつもない大きな涙だ。
















この記事へのコメント