打者の闘志勝ち

s_20090607_sodekyu_IMG_0360.jpg

微妙なデッドボールです。

打者はボールをよけようとしませんでした。

これでも「デッドボール」になるのですね。

審判の判定も「デッドボール」でした。

それにしても、
打者の「捨て身」は見事なものです。

あの、石のような固いボールです。

それが、
猛スピードに自分に向かってくるのです。

普通だったら恐くてよけますよね。

それをよけずに、
ボールが自分の体に直撃です。

もちろん、痛いでしょう。

しかし、
こういうときは、そんなに痛くはありません。

「あたる」

と身構えているからです。

ボールがあたる瞬間、体が準備します。

気持ちも準備します。

だから、
他人が思うほどは痛くありません。

案の定、元気に走って一塁に行きました。

むしろ、
一番「痛かった」のは相手ピッチャーのほうでしょう。

やすやすと走者を出してしまったからです。

この勝負、打者の闘志勝ちです。














この記事へのコメント