本、高校野球の心

031026d100_0191_shigakukan_1027.jpg


おすすめしたい本があります。

高校野球の名本×2冊です。

①甲子園の心を求めて(佐藤道輔 著)
②飛田穂洲(とびた・すいしゅう)の高校野球入門(全2巻)

いずれも、
私が高校野球にのめり込んだときに読んだ本です。

最初に①を読みました。
その中で紹介されていたのが②です。

この2冊に共通するのは、
「高校野球とは人間形成」だということです。

とにかく奥の深い本です。

当方身震いしながら読んだのを覚えています。
①の名言
 『心のこもった野球こそ真の高校野球である』
②の名言
 『練習の苦痛に泣き言をいうような連中が、
 野球を愛するという言葉を乱用しては困る』

この本のおかげで・・、
高校野球の真の意味が会得できました。












この記事へのコメント