空振り三振、でも気持ちの良い空振りだったよ

ごめんなさい。 空振り三振です。 2003年7月 市原臨海球場 写真は薬園台高校の選手です。 薬園台高校は負けていました。 それでも何とか勝とうと必死でした。 打席に立った打者は負けていることも気にせず、 思いきってバットを振りました。 そうなんです。 彼らは普段通りの野球を心が…

続きを読むread more

力尽きるとも、君は間違いなくエースだ!

この試合は壮絶であった。 2006年の夏の千葉大会・準決勝である。 千葉経大附 対 習志野である。 延長11回、千葉経大附が2対1で習志野を破った。 見事なサヨナラ勝ちである。 しかし、 私は負けた習志野にフォーカスをあてた。 エース・佐々木くんにだ。 冒頭の写真はゲームセットの瞬間、…

続きを読むread more

一つのプレーが勝敗を分ける、これも神様のいたずらなのか?

ゲーム終了の瞬間です。 二塁の後方に上がった打球はグラウンドにぽとり。 懸命に追ったが捕球できなかった。 その間、走者が生還しゲームセットとなった。 衝撃的なゲームセットだ。 その場面を振り返ろう。 打者が思いきって振った打球は、 つまりにつまって二塁の後方へ。 二塁手は懸…

続きを読むread more