同点から逆転へのドラマは執念の三塁打から始まった(沼南高校)

印象に残る試合を紹介しよう。 2008年7月26日、千葉マリンスタジアム 夏の千葉大会、準決勝である。 試合は、沼南 対 敬愛学園 試合の流れは敬愛学園有利であった。 8回を終わって、 3対2と敬愛学園がリードしていた。 1点を追う沼南は最後の攻撃を迎えた。 しかし、ドラマはここから始まった。 …

続きを読むread more

打者が燃え、応援が燃える

千葉マリンスタジアムである。 夏の千葉大会の初戦である。 開会式直後であるから、 まだその余韻が残っている。 その中で最初の試合が行われた。 柏西 対 専大松戸である。 しかも、1点差となる好ゲームであった。 さて、写真である。 写真は、 専大松戸が一気に3点を入れて同点に追いついた場面だ。…

続きを読むread more

夏の千葉大会、君津商業高校の健闘に捧ぐ

2005年7月19日、君津商は4回戦で敗退した。 (上の写真) 市川高校と対戦し、1対2の惜敗だった。 しかし、4回戦まで進んだだけでも立派であった。 全員野球の成果であった。 なかでも、エースの永嶌くんが頑張った。 (下の写真) 永嶌くんのことは、よく知っている。 何度か練習に行かせてもらっ…

続きを読むread more