1点の重みをこのときほど感じたことはない

野球は1点の差でも勝負は決まる。 その勝負の1点がいつ飛び出すか、 誰にも予測がつかない。 写真を見てもらおう。 市立松戸 対 中央学院である。 4点ビハインドで迎えた7回表。 この回は市立松戸 にとっては「ビッグイニング」であった。 一気に3点を返して「行け行け」の雰囲気であった。 バッター…

続きを読むread more

たった3時間で俺たちの夏が終わった

敗戦校の姿をみるのはつらい。 このシーンだけは勘弁して欲しい。 しかも、この敗戦シーンには特別な訳がある。 君津青葉高校は開会式直後の第Ⅰ試合であった。 相手は強豪・中央学院である。 8回からマウンドに立ったエース・藤本くんが打たれてしまった。 多分体調でも悪かったのだろう。 言い訳はよそう…

続きを読むread more