寸暇を惜しむ

放課後の練習ですが、 かなり暗くなってしまいました。 それにしても熱心ですね。 確かに冬場の放課後は日が短いので大変です。 普通の学校では照明などはありません。 だから、 手際よく練習メニューをこなすのです。 密度の高い練習をするのです。 寸暇を惜しむ。 野球も人生も同じです。 …

続きを読むread more

放課後の暗い中で

放課後の練習風景です。 段々と日が短くなりました。 陽が落ちるのが早くなりました。 あたりは薄暗くなり、 ボールが見えにくくなりました。 でも、集中すればボールは見えるんですね。 まさに「心眼」です。

続きを読むread more

保護者と選手

選手の保護者さんが練習風景を見ていました。 熱心ですね。 見られている選手本人は照れくさいでしょうが、 心の中では喜んでいるでしょうね。 (きっと) 家でも仲の良い親子なんでしょうね。 親に甘えることはよくありませんが、 親に励まされることは良いことですよ。 …

続きを読むread more

モノを大事にする、野球、日頃

放課後のグランドです。 ベンチにバッグと靴をきれいに揃えていました。 これを見ただけで、 その選手の日頃の生活が見えてきます。 家庭でもきちんと躾(しつけ)ができているのでしょう。 監督さんも厳しい人と見受けました。 モノを大事にするとは、こんなところから始まります。 そして、モノを大事にするこ…

続きを読むread more

格好をつけない素朴さがいい

どうでしょうか。 写真から素朴さが伝わってきませんか。 こういう選手は最近ほとんど見かけません。 帽子やユニフォームをみてください。 どこにも格好をつけていません。 ただ無性にボールを追っかけています。 そんな純粋さが伝わってきませんか。 こういう選手、応援したいな。 これからも一…

続きを読むread more

外野ノック、ノッカーも大変

練習風景です。 外野のノックのようです。 ノックは受けるほうも大変ですが、 ノックするほう大変です。 部員が多いチームでは外野だけでも20人はいます。 外野は飛球も遠く、打球に力が必要です。 しかも、 打球に微妙な距離や方向が求められます。 当たりそこないになると、 部員からブーイングで…

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その12

「おっ朝陽が差してきた」 「これで最後だぞーっ」 「がんばろうぜ」 体力の限界はとうに過ぎています。 あとは仲間の励ましだけだ。 やるしかない。 やるしかないんだ。 こうなったら、 とことんやってやろうじゃないか。 まるごとわかる! 撮り方ブッ…

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その11

やっと東の空が明るくなりました。 辛(つら)い早朝練習も残りあとわずかです。 最後のメニューです。 その最後のメニューがきついのです。 後ろから押さえているのが故・小枝監督です。 意識もうろうとするなか、 とにかく前に進むしかありません。 あと一歩、あと一歩・・ 夜明けは近い。 …

続きを読むread more