ワンフォーオール、オールフォーワン

またラグビーの話です。 というのも、 ラグビーは野球に通じるところがあるからです。 「ひたむき」、「おごらない」、 「謙虚」、「人に迷惑をかけない」 One for all, All for one(ワンフォーオール、オールフォーワン) このラグビーの精神を野球に生かしていただきたい。 元ラガー…

続きを読むread more

野球にラグビーを

野球の取材のついでにラグビーを教えてきました。 冬の体力作りの一環です。 というか、当方としては体力ではなく、 メンタル面の強化をしたかったのです。 どうも野球はおとなしく過ぎると前から思っていました。 ヘッドスライディングやダイビングキャッチがかっこ悪いのです。 腰が引けたダイビングを見ただけで…

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その10

「もうちょっとだ」 やっと、 東の空が明るくなってきました。 しかし、 これからが長いのです。 みんなよく分かっています。 さあ、 みんな歯を食いしばって耐えるんだ。 夜明けは近い!

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その9

やっている姿勢は「腕立て伏せ」ですが、 その姿勢を長く保つところが違います。 2、3分は続けるでしょうか。 時間がたつにつれて腕や足が震えてきます。 「時間が止まっているんじゃないの?」 終了の笛がなるのが遅いこと。 いやー、このメニューもきついですね。

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その8

随分と足が上がるものですね。 この関節の柔らかさも野球には大事なことです。 高校生活は短い。 ケガをしないためにも体は柔らかくしておこう。 そのためには、 ストレッチングとこのような練習が大事だよ。

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その7

もう限界か。 いえ、 少し休んだだけですぐに練習へ復帰。 この繰り返しで、 徐々に体力がついていきます。 3年生になるころには、 余裕でどんなメニューでもこなします。 これが若さなんですね。 これが練習の成果なのですね。

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その6

今朝はあいにくの雨です。 グラウンドが使えないので屋内練習となりました。 おかげで運動範囲が狭くなり、楽かと思っていましたが、 それが甘かった。 移動の距離が短い分、回数が増えました。 練習量は同じなのに空気がきたない。 酸素が少ない。 窓を開けて換気をしても追いつきません。 やっぱり…

続きを読むread more

拓大紅陵の早朝練習その5

この練習メニューは何でしょうか。 金属板の上を足を横に滑らせながら左右に往復します。 足腰や上体の側筋を鍛えるのでしょうか。 簡単そうですが、 見た目以上にハードのようです。 体力やスタミナだけでなく、 リズム感も必要なようです。 早朝練習といっても、 いろんなところに工夫がなされています。 …

続きを読むread more

延長戦のすえにつかんだ勝利

応援席への勝利の報告です。 全校生徒が駆けつけたかのような大応援団です。 しかも、 逆転から延長戦へもつれ込み、 最後はサヨナラ勝利です。 延長戦に入ってからは、 毎回が「はらはらどきどき」でした。 劇的な勝利です。 喜びもひとしおです う~ん、勝って良かった! 「おめでとう」 …

続きを読むread more

敗戦投手なのにさわやか

一人で投げ抜きました。 負けはしたものの、 それはさわやかな「負け」でした。 体格に恵まれませんでした。 でも、 マウンド上の君は誰よりも大きく見えました。 途中足をつるアクシデントがありました。 仲間が心配するのをよそに、 いつも笑顔を見せてくれました。 こちらもひゃひやでした。 …

続きを読むread more

校歌、勝利、ノーサイド

勝利の校歌斉唱です。 熱闘のすえにつかんだ勝利です。 みんな誇らしげです。 おめでとう! でも敗者への気遣いを忘れないでくださいね。 高校野球でもラグビーと同じだ。 試合が終わったら「ノーサイド」です。

続きを読むread more

バックホーム、間に合わず!

気迫のバックホームは間に合いませんでした。 走者の気迫のほうが勝りました。 果敢なヘッドスライディングです。 クロスプレーは野球の一番の見所です。 特にホーム上は、まさに塁上の格闘技です。 闘志と闘志のぶつかり合いです。 1点が入るかどうかの瀬戸際です。 両方とも負けるわけにはいかない。 …

続きを読むread more

大丈夫か?頭へのデッドボール

それは頭へのデッドボールでした。 しばらくは立ち上がれませんでした。 軽い脳しんとうでしょうか? でもそのあとは、 何もなかったようにバッターボックスに立ちました。 見事な回復ぶりです。 むしろ、 投げたピッチャーのほうが動揺していました。 デッドボールをうけた者より、 させたほうがショ…

続きを読むread more

どきどきの出会い

「写真、撮ってもいいですか?」 選手たちに声を掛けました。 選手たちとは初対面です。 私は顔こそにこっと笑っていましたが、 内心どきどきでした。 するとどうでしょう。 「いいっすよ」 と、元気な声が返ってきたのです。 見てください。 みんないい顔していますよね。 屈託のない…

続きを読むread more

人は悲しみの中で育っていく

敗戦直後のダッグアウトとベンチです。 泣き崩れる選手たち。 言葉が出ません。 一種異様な雰囲気です。 ここだけが時間が止まっています。 涙が枯れ尽きたとき、 彼らの顔はもう大人になっていました。 悲しいことですがこれが現実です。 人はこの悲しみの中で育っていくのです。 …

続きを読むread more