実戦練習で夏に備える

大分西高校にお邪魔しました。 練習場所はいつもの学校のグラウンドではありません。 新大分球場です。 この球場は夏の大会のメイン球場となります。 開会式から決勝までのほとんどの試合が、 ここで行われるのです。 そのため、 夏が近づくと殆どの学校がこの球場で練習をします。 大分西高校もそのうち…

続きを読むread more

大事なのは学ぶ心

私がいつも言っていることは謙虚な心です。 学ぶ気持ちです。 この気持ちがないと人間は成長しません。 それどころか横着になって、 大事なことに気づくことさえ出来ません。 『学ぶ気持ち』 それは年齢には関係ありません。 子供でも大人でも同じです。 学ぶ気持ちは、 自分に足りないことに気づ…

続きを読むread more

「やったーっ」の凱旋

高校野球はいいですね。 なかでも、 こんなシーンが好きです。 勝利の校歌を歌い終わって、 いちもくさんに応援席に駆けつける。 いい笑顔だ。 どこにそんな元気があったのか。 へとへとに疲れていたのではないのか? いい笑顔だ。 あのつらい練習がウソのようだ。 スランプ? そん…

続きを読むread more

拓大紅陵・小枝監督、中学生を教える

中学生の講習会です。 教えるのは地元高校の監督やコーチ、 現役の高校球児たちです。 写真は拓大紅陵の小枝監督です。 昨年2019年にお亡くなりになりました。 小枝監督の記事は下記をご覧ください。 元拓大紅陵監督・小枝 守さんを偲ぶ(拓大紅陵・小枝監督の追悼記事) どうでしょうか。 …

続きを読むread more

捕れる!

外野のシートノックです。 シートノックといっても実戦さながらです。 昔から言われています。 練習で出来ないことは試合で出来るわけがない。 そうなんです。 試合は練習の延長線上にあるのです。 そのことがよく分かっているのは本人達です。 だから練習でも、いえ練習だから気合いが入るのです。 …

続きを読むread more

これが高校球児らしさだ!

なつかしい写真を見てもらいましょう。 2002年の写真です。 場所は袖ヶ浦球場 ここで拓大紅陵の選手たちが練習をしていました。 どうでしょう。 身につけているユニフォーム。 今では見ないユニフォームですね。 だぼだぼなユニフォームです。 でも、私にとっては懐かしのユニフォームなので…

続きを読むread more

間一髪!

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 外野のシートノックです。 懸命に走っても、懸命に腕を延ばしても ボールは捕れませんでした。 しかし、 私にはその懸命振りが痛々しく伝わって来ました。 これでもか、これでもかという、 必死さがそこにありました。 もうこうなったら、 …

続きを読むread more

あきらめるな!次は捕れる!!

何をするにしてもあきらめないで欲しい。 それが好きでやり始めたことならなおさらだ。 写真はショートの練習風景です。 誰が見ても捕れそうもない打球にジャンプしました。 それは無意識な行為だったでしょう。 それでいいんです。 打球に体が反応する。 その習慣をつけていることこそが大事なのです。…

続きを読むread more

監督と選手、その緊張感がたまらない

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 平凡な写真ですみません。 いつもの練習風景です。 監督が選手たちに話をしています。 いつも見かける光景です。 しかし、私がシャッターを押したのにはワケがあります。 それは、そのときの空気感です。 緊張した空気が張り詰めていた…

続きを読むread more

一勝の重みを噛みしめて

勝利のダッシュです。 秋の千葉県大会です。 勝ったチームが校歌を斉唱し、 いっせいに駆け出しました。 行き先は味方の応援スタンドです。 見慣れた光景です。 公式戦では必ず最後に目にします。 しかし、 私はこのシーンは何度見ても興奮するのです。 そこに、 純粋な高校球児の姿があるから…

続きを読むread more

きついけど楽しい、嬉しい

久し振りの拓大紅陵の朝練です。 拓大紅陵の朝練は、 このブログでも何度か取り上げました。 今回は少し趣を変えます。 小枝監督にフォーカスしました。 小枝監督はすでにお亡くなりになっています。 今はお空の人です。 そのありし日の写真が、 冒頭の写真です。 どうでしょか? 嬉しそう…

続きを読むread more

今は我慢

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今日は練習風景を見てもらいましょう。 といっても、 普通の練習風景ではありません。 普通の練習風景の横で、 一人だけ別メニューの練習をしていました。 負傷者のようです。 ケガのため、 みんなとは一緒に出来ないようです。 足で…

続きを読むread more