特集・野球部のマネージャーさん

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「野球部のマネージャーさん」を特集しました。 マネージャーさんといえば、どこの運動部にもいますよね。 部員さん(選手)の面倒を見てくれる献身的な存在です。 目立たないのですが、なくてはならない人たちです。 私は仕事がら(といっても本職ではあり…

続きを読むread more

特集・ラグビー(楽苦備)

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「ラグビー」を特集しました。 高校野球とは関係ないのですが、 同じ高校生が行っているラグビーです。 ラグビーには野球とは違った魅力があります。 まさに人生の縮図です。 だから「楽苦備」とも呼ばれています。 そのラグビー(楽苦備)を見て…

続きを読むread more

特集・季節をとらえる

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「季節をとらえる」を特集しました。 1.秋深まる 最近めっきり涼しくなりました。 というか寒いぐらいです。 あの「夏日」、「猛暑日」はどこに行ったのでしょう。 球児達にとっては長いオフシーズンです。 対外試合もできません。 …

続きを読むread more

特集・外野の守備練習

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「外野の守備練習」を特集しました。 1.外野ノック 外野手へのノックです。 このノックは受けるほうも大変ですが、 ノックするほうも大変です。 (ノックするほうが大変でしょうね) 部員が多いチームでは外野だけでも20人はいま…

続きを読むread more

特集・拓大紅陵の早朝練習

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「拓大紅陵の早朝練習」を特集しました。 1.真冬の早朝練習 高校野球に限らず、シーズンオフをどう過ごすかが勝負。 写真は真冬の早朝練習。 練習といっても、ボールやバットは使いません。 ひたすら基礎体力を付けるだけです。 真冬の早朝です…

続きを読むread more

ホームのクロスプレー、間一髪セーフ

ホームでのクロスプレーを低いアングルから撮らせていただきました。 しかも、走者もキャッチャーも顔の表情がうまく撮れています。 両者の表情が写るのは偶然です。 まぐれです。 神様が与えてくれたシャッターチャンスです。 感謝です。 ただ言えることは、 ホームのクロスプレーを撮るときは一塁側に限ることです…

続きを読むread more

やっぱり応援の力は大きい

高校野球はなんてたって応援です。 この応援で勝負が決まるといっても過言ではありません。 学校によっては全校生徒が詰めかけます。 写真の志学館も同じです。 その人数が半端ではありません。 対面の三塁側から見れば、 その人数と声に圧倒されます。 とくに、ここ袖ヶ浦球場は狭いので、 内野席だ…

続きを読むread more

高層ビルを背景に高校野球、しかもサヨナラ試合

高校野球の写真としては少し変わったものをご紹介します。 場所は千葉の幕張です。 新副都心とよばれています。 高層ビルが建ち並んでいます。 幕張総合高校での秋の公式戦です。 3006年9月3日、幕張総合高校 vs 千葉北 ではその試合のハイライトを見ていきましょう。 2対2で迎えた、延長10回…

続きを読むread more

サヨナラのチャンスに空振り三振

千葉県野球場にきました。 夏の大会がたけなわです。 連日熱戦が繰り広げられています。 今日も9回で決着がつかず延長戦になりました。 延長10回。 後攻の君津高校にチャンスがやってきました。 (上の写真) 二死満塁です。 バッターは3番の水野くんに打順が回ってきました。 一打、サヨナラです…

続きを読むread more

ラッキーでもサヨナラはサヨナラだ

少しラッキーなサヨナラゲームを紹介しましょう。 勝ったのは二松学舎沼南(2004年秋)。 8対8で迎えた延長10回の裏。 西村くんが打った打球は、二塁の後方に上がった。 このフライを、 センターとショート、セカンドの3選手が交錯した。 その交錯のはずみで落球してしまったのだ。 そ…

続きを読むread more

恒例のバケツかぶりで応援席は最高潮に

志学館高校のバケツかぶりです。 毎年の夏の風物詩です。 ことしの「かぶり役」は誰になったのでしょうか。 写真をよくみてください。 後ろのチアガールは「キャーっ」と叫んでいます。 でもうれしそう。 おっと、そばにいたのは先生でしょうか。 先生も大喜びです。 では、そのバケツかぶりが始まるまでを、…

続きを読むread more

たかが送りバントなのですが・・

送りバントです。 野球ではよくあるシーンです。 自分が犠牲になって(アウトになって)、 走者を進塁させる役目です。 だから、 走者を進塁させれば自分の役割は終わりです。 それで仕事は大成功なのです。 自分の役割が終わったとわかれば、 普通は一塁へはゆっくり走ります。 ところが、この打者はどう…

続きを読むread more