最後のバッター、一塁でアウトに・・

残酷なシーンで申し訳ありません。 夏の高校野球の1シーンです。 ゲームセットの瞬間です。 最後のバッターが一塁でアウトになった直後です。 なんとかセーフになろうと頭から滑り込みました。 しかし、ボールのほうが早く一塁手のグラブに入りました。 これで、スリーアウト、ゲームセットです。 アウトになっ…

続きを読むread more

特集・野球部のマネージャーさん

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「野球部のマネージャーさん」を特集しました。 マネージャーさんといえば、どこの運動部にもいますよね。 部員さん(選手)の面倒を見てくれる献身的な存在です。 目立たないのですが、なくてはならない人たちです。 私は仕事がら(といっても本職ではあり…

続きを読むread more

特集・ラグビー(楽苦備)

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「ラグビー」を特集しました。 高校野球とは関係ないのですが、 同じ高校生が行っているラグビーです。 ラグビーには野球とは違った魅力があります。 まさに人生の縮図です。 だから「楽苦備」とも呼ばれています。 そのラグビー(楽苦備)を見て…

続きを読むread more

特集・季節をとらえる

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「季節をとらえる」を特集しました。 1.秋深まる 最近めっきり涼しくなりました。 というか寒いぐらいです。 あの「夏日」、「猛暑日」はどこに行ったのでしょう。 球児達にとっては長いオフシーズンです。 対外試合もでき…

続きを読むread more

特集・外野の守備練習

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「外野の守備練習」を特集しました。 1.外野ノック 外野手へのノックです。 このノックは受けるほうも大変ですが、 ノックするほうも大変です。 (ノックするほうが大変でしょうね) 部員が多いチームでは外野…

続きを読むread more

特集・拓大紅陵の早朝練習

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「拓大紅陵の早朝練習」を特集しました。 1.真冬の早朝練習 高校野球に限らず、シーズンオフをどう過ごすかが勝負。 写真は真冬の早朝練習。 練習といっても、ボールやバットは使いません。 ひたすら基礎体力を付けるだけ…

続きを読むread more

私が認める高校野球ナンバーワンの学校

大分西高に行って来ました。 千葉からですので、 そんなに何度も行けるところではありません。 それでも、私の大好きな学校ですので、 出来るだけ出かけるようにしています。 その好きな理由ですが、 何と言っても荒削りなところです。 向こう見ずというべきか、がむしゃらというべきか。 とにかく、いつも真剣な…

続きを読むread more

キャッチャーは守備の司令塔

今回はキャッチャーに焦点を合わせました。 キャッチャーはホームのクロスプレー以外は目立たない存在です。 目にはよく映るのですが、存在感は薄いようです。 見る側はピッチャーや打者に意識がいくからです。 ところが、 キャッチャーは大事な存在です。 守備のかなめです。 考えてみれば面白いものです。…

続きを読むread more

グラウンドと応援席が一体に

秋の千葉県大会に行って来ました。(2013年) 袖ヶ浦球場です。 夏とは違って、秋の大会には余裕があります。 夏は「最後」ですが、秋は「スタート」だからです。 つまり、秋は「腕試し」の大会なのです。 といっても、春のセンバツがかかっている 大事な大会であることは間違いありません。 さて、…

続きを読むread more

試合開始はおごそかに

試合開始を低いアングルから撮りました。 しかも至近距離からです。 その至近距離から望遠でねらいました。 試合開始の挨拶を詳細に撮影してみたかったからです。 どうでしょうか。 厳かでしょう。 と同時に気合いのようなものが伝わってくるでしょう。 不安と期待が入り交じった複雑な心境です。 …

続きを読むread more

激走の二塁打

秋の千葉県大会に来ました。 9月の大会ともなると、 夏と違って太陽が少し傾いて陽がまともに目に入ります。 それだけ露出が難しく、カメラマン泣かせの季節です。 しかし、 その分「味のある」写真が撮れます。 その写真ですが、 上の写真は二塁打を打った時のものです。 攻撃は大多喜高校です。 激…

続きを読むread more

基本に忠実な姿は美しい

練習風景を取材しました。 シートノックです。 セカンドでしょうか。 その動作の美しさに惚れ惚れしました。 写真にはありませんが、 その前の動きも美しいのです。 打球を見て反応し、走る、そして捕球態勢にはいる。 その一連の動きが美しいのです。 まったく無駄がありません。 流れるよう…

続きを読むread more